ポルシェ 911カレラ(993) シートリペア(擦れ)

いつものポルシェ屋さんからご依頼。

993カレラです。

☆ 【 ポルシェ インテリアリペア専門店 なるほ堂 】ホームページ開設キャンペーン第一弾 (2022年4月20日~5月20日)    

インテリアリペアスタート料金 最大半額 ‼  通常 22,000円 ⇒ 11,000円! 

(ポルシェは半額、その他は5,500円割引)

運転席の背もたれサイドサポート部分が少しえぐれた様に擦れています。

触った感じは柔軟性も保たれており、部分リペアで問題ありません。

 before

クリーニングからスタートします。

少量のレザーパテと塗料をそれぞれ調合して作ります。

工程ごとに確認しながら進めます。

 after

いい感じに仕上がりました。

レザーシートの他にも様々なサービスメニューをご用意していますよ。

クリーニングだけのご依頼でも大歓迎です。

クリーニング詳細はこちら綺麗に維持して気持ちよく乗りましょう!

メニュー一覧はこちら

ポルシェ 911カレラ(992) レザーシートバックボードリペア(傷)

ディーラー様からご依頼。

ポルシェ 992のレザーシート、側面から裏面のバックボードのリペアです。

作業台に乗せてもらい作業しようと思います。

 before

思っていたより広範囲です。

何か大きめの荷物を出し入れして傷ついたのか?

シボのはっきりとしたピグメントレザーです。

クリーニンングして表面の下地調整とピーリングテスト。

慎重に進めないと革のシボが無くなってしまいます。

マスキングしてぼかし塗装。

 after

最後まで大き目の凹みをどうするのか迷いましたが、パテでシボが無くなってしまう方が余計に目立つと思うので、レザーパテを入れずに均して処理しました。

担当I氏にご確認いただき「十分綺麗なので大丈夫です」とOKでした。

レザーリペアの他、サービスメニューはこちらをご参照ください。

近年のパワーシートは大きくて重いため、お持ち込みでお預かり可能なのは993までとなります。

ポルシェ 911ターボ(964) ダッシュリペア(アンティークレザー)

東京都港区にお住いのK様からご依頼です。

ポルシェ 911ターボ(964)。

私が担当しているポルシェセンターにご入庫いただき施工することになりました。

964ターボ

いまやコレクターが憧れる空冷964ターボのマニュアル車。それもフルレザー内装の豪華仕様です。

オーディオを交換する際にレザーの傷防止として養生テープを貼ってしまい、剥がしたときに表皮も剝がれてしまったそうです。

遠目にも目立っている状態。

 before

クリーニングからスタート。

段差がなくなるように下地処理していきます。

フルレザー(本革)なうえに、アンティークレザーです。

3色用意して少しづつ染めていきムラ感を表現していきます。

仕上げはスプレーガンで。

 after

綺麗に仕上がりました。

K様も感動されて喜んでおられました(*^-^*)

内装に関する様々な内装修理を行っております、サービスメニューはこちらをご参照ください。

新車、中古車、旧車、問わず内容によりお受けしております。

お気軽にご相談ください。

ポルシェ 911カレラ(964) レザーシートウレタン修正&表皮リペア

今回は、シートのみのお預かりです。

964のレザーシート。

革の状態は良いのですが、座面のサイドサポート部分が気になるそうです。

背もたれはそのままで、座面だけ色々と作業していきます。

before

表皮裏側の膨らみ

これは、表面上の革の皺ではありません。

裏側のウレタンが寄れてしまい帯状の膨らみとなってしまっている状態です。

直すには表皮を剥がす必要があります。

地味に面倒な作業です。

サポート部分の表皮を捲って、ウレタンの位置を正しい位置に再接着。

元に戻してからリペアします。

改めてクリーニングしたり、マスキングして下地を均す作業。

風合いを損なわないようにあっさり目のソフトなリペアを行います。

after

オーナーさんのご要望で、「乗り降りする際に気になる膨らみとひび割れは修理したい」しかし「革のシボ感や自然なヤレ感はそのままにしてほしい」

ご要望通りに仕上げたので、大変ご満足いただきました。

「何件かの業者さんに聞きましたが断られるし、ここまでイメージ通りにしてくれる業者さんはいませんよ!」と強く感動しておられました。

内装に関する様々な内装修理を行っております、サービスメニューはこちらをご参照ください。

新車、中古車、旧車、問わず内容によりお受けしております。

お気軽にご相談ください。

ポルシェ 911カレラ(993) 内装修理(リヤパネル破れリペア)

いつもの専門店様からご依頼。

ポルシェ 911カレラ(993)、リヤシートの横、サイドパネルが破れています。

993カレラ

993のシンセティックレザーは厚みもあり強度も高いのですが、この破れ方は固く重い荷物の金具などでぶつけたと思われます。

両側が破れています、ゴルフバッグの出し入れをしたのか?シートベルトバックルを挟んだのか?原因はわかりません。

before

中のウレタンも欠損

ちょうど丸みのある部分なので完璧な修理はできません、それでもなるべく目立たなくなるようにしたいと思います。

表面のシンセティックレザーの裏側にはウレタンが入っているのですが、それも欠損しています。

なので、ウレタンもサイズを合わせて入れていきます。

その後は、レザーパテを充填して強度をだして、シボも合わせて仕上げていきます。

after

社長にご確認いただき無事に終了。

内装に関する様々な修理を行っております、サービスメニューはこちらをご参照ください。

ポルシェ 981ケイマン ドアトリム修理(表皮剥がれ再接着)

東京都江東区にお住いのT様からご依頼。

ポルシェ 981ケイマンです。

981ケイマン

991と981は同形状のドアトリムです。

このタイプはドア内部にエアバッグが内蔵されておりその辺りの表皮が剥がれたり変形したりする特徴があります。

困ったことに、ドアアッセンブリーでしか部品が出ないため、片側20数万円、両側を交換すると50万円位の費用が掛かってしまいます。

そんなに古い年式ではないのでお困りの方が多くいらっしゃいます。

素材の樹脂が薄く、熱で表皮が剥がれる力が強く変形(歪み)が酷いと完全に修正することはできません。

それでも、多少であれば変形修正したうえで再接着を行います。

before

T様にお越しいただき、その場でドアを外してお預かりします。

暫くお預かりします。

スイッチは使えませんがドアロックは可能な状態。

after

右側(運転席側)

T様には、喜んでいただきました。

因みに本革レザー仕様のドアではこの現象が起こりにくい作りになっています、また991や981の中古車購入時にはドアを確認されることをお勧めいたします。

修理をご希望の方はお気軽にどうぞ。

実車を見ながらドアの作り、構造をご説明いたします。

内装に関する様々な修理を行っております、サービスメニューはこちらをご参照ください。

ポルシェ 911(930) 内装修理(パイピング欠損、再生修理、他)

山梨県甲府市にお住いのA様からご依頼。

ポルシェ 911(930)です。

内装修理をまとめてご依頼いただきました。(パイピング欠損、再生修理、ファブリックシート汚れ、シンセティックレザー傷リペア)

ミツワでメンテナンスされているそうですが、純正シートを生かした修理は難しいとの事。

そこで、いろんな業者に問い合わせたものの断れ、散々探して当店にたどり着いたそうです。

before

なかなか大変な内容です。

甲府まで出張施工に来ています。

A様が昼食を差し入れしてくれました、感謝!

after

かなりビリビリに破れていたシンセティックレザーのパイピング部分。

交換したようにはいきませんが、リペアで見違えるようになりました。

シミも消せたし、傷も違和感なく部分リペアで修理したので、A様にはとても喜んでいただきました。

夜になる前に終わってよかった。

ポルシェの内装修理、輸入車の内装修理、施工環境さえご用意いただければ出張施工が可能です。

レザー以外でも様々な内装修理を行っております、サービスメニューはこちらをご参照ください。

お困りのオーナー様、まずはお気軽にご相談ください。

ポルシェ 968 レザーシートリペア(ひび割れ) 

東京都文京区にお住いの個人ユーザーK様からご依頼いただきました。

とても綺麗なウインブルドングリーンの968です。

事前に打ち合わせをして、専門店様にご入庫いただきました。

革の状態も見た目ほどではなくひび割れはしているものの柔軟性は保たれています。

そこで、今回は再度サポート部分のひび割れを目立たなくさせて、パンチングレザーのセンター部分はそのままにしました。

恐らく、次回は全体的に手を入れる必要があるでしょう。

今の段階で追い込んだリペアをするのは良くないと思われます。

before

ポルシェジャパンから仕入れた純正クリーナーをテストしてみました。

詳細は別の機会にご紹介いたします。

クリーニングをお考えの方はこちらをご参照ください。

after

背もたれ

K様にも喜んでいただきました。

最近では見かけることがなくなってきた貴重な968、今後も大切にされることでしょう。

責任もってサポートさせていただきます。

レザー以外でも様々な内装修理を行っております、サービスメニューはこちらをご参照ください。

ポルシェ マカン ステアリング エアバッグカバーリペア(傷) 

ポルシェセンター様からご依頼、入庫中のマカン。

ステアリングのエアバッグカバーのリペアです。

本革製のカバーです。表面を見る限りナッパレザーか?あるいはスムースタイプのピグメントレザーかも知れません。

before

何かで引っ掻いたような傷。

たった【10mm × 5mmの傷】を何度も繰り返して下地を作っていきます。

目に付く場所であり、この小さな傷をリペア依頼されるという事は、それだけ完璧な仕事が求められるという事です。

お客様に喜んで頂きたい。

その為に出きる事はベストを尽くします。

工程をはしょったりは出来ません。

それが、どんなに小さな傷でも変わりません。

だから傷のサイズ=価格にはならないのです、従ってサイズで一概に価格は決められません

私の施工を高いと感じるか?安いと感じるか?それは皆様が決める事ですね。

革の表情を見極めて、塗装で純正の質感と手触り感を再現します。

塗料作り、下地作り、塗装テクニック、それらをこの小さな傷にたいしても徹底して行う事で、初めて新品仕上げになります。

勿論、担当フロントマンにもご納得いただきました。

エアバッグのホーンパッド

レザー以外でも様々な内装修理を行っております、サービスメニューはこちらをご参照ください。

ポルシェ 911(997) センターコンソールリペア(傷多数でもOK) 

神奈川県横浜市都筑区にお住いのK様からご依頼です。

以下、問い合わせメールからの抜粋。

相談内容:
「ポルシェ997カレラ前期型を所有しております。今年、友人から譲り受けたのですが、センターコンソールの傷が気になっております。まだ、ベタベタ感はでていません。内装は黒です。

こちらを再塗装していただきたいのですが、ネットで調べていたところ、御社で同車の施工実績があると知りました。」

打ち合わせの結果、気になるヶ所を中心にドアや足元のスカッフプレートまで綺麗にする事になりました。

いつも仲良くさせて頂いている杉並区の有名店にご入庫いただき作業となりました。

お車は、997、センターコンソール、ドアスイッチ部分、スカッフプレート。

先ずは、センターコンソールからご紹介します。

 before

残念ながらセンターコンソールの純正塗装が弱く傷つきやすいのは996と同様に997の宿命です。

厳密には、996よりも多少強くなっていますが傷はついてしまいます。

実車を確認しても、ベタベタ感は酷くありませんでした。

ダッシュボード側のエアコンパネルユニット周辺からバラシてシフトレバーをよけるように取り外します。

特に傷つきやすいのは上面の灰皿周辺やサイドブレーキレバーを操作する時に爪が当たりやすい窪んだ部分です。

傷の凹凸を均したり、拭き取ってサンディングしたり、細かい作業の連続です。

耐久性を上げるために、コーティングして強度を出しました。

塗装して仕上げていきます。

 after

塗装の色艶はしっかり純正に合わせています。

綺麗に復活しました。

樹脂パーツリペアの詳細はこちらをご参照ください。

お気軽にご相談ください。